アルファポリスさんの小説大賞に一作応募しました

アルファポリスさんで開催されていた第12回ファンタジー小説大賞の投票が締め切りを迎えました。
私もなろうの方で投稿していた作品を、ちょっと手直ししつつ一作エントリーしております。

有難い事にブクマや感想、投票も頂きまして、最後に見た時は100位以内に入っておりました。
ありがとうございます!
順位的に見て、恐らくは通過はしないだろうなぁと思っておりますが、たくさんの方に読んで頂けて嬉しかったです。

頂いた感想も読んでいて「確かにここ唐突だったなぁ」とか「分かり辛かったかなぁ」とか、色々と考える事が出来ました。
自分で書いた分だと、よほど時間が経っていない限り、脳内で予備情報が補完されて気付けなくて。
新しい視点で自分の創作を考える事が出来て嬉しかったです。

ちなみに投稿したのは「公爵家の半端者」ですね。
大体15万字くらいなので、ほど良い長さで完結させられたかなと思っています。
このくらいの長さの作品を安定したスパンで投稿して行きたいのですが、なかなか難しい。

コトリさん
コトリさん
(ソウサクノ)チカラガ ホシイカ
闇に呑まれそうなんですが。
オズ
オズ

あと、時々今まで投稿した物語を見直してもいるんですが、ほとんどがファンタジー世界を舞台にしたものばかりでした。
小説家になろうさんで投稿し始めた頃は、現代にファンタジーが混ざったものも多かったなぁ。そういうジャンル結構好きなんですけどね。
久々に書きたくなったので、現代ファンタジーや、ファンタジーを抜きにした現代ものもまた書いていきたいなと思っております。

何だか話がちょっとずれましたが、そんな感じで。
改めて、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。