ペルソナ5スクランブル・プレイ日記③~正義の味方(?)登場!~

前回の記事:ペルソナ5スクランブル・プレイ日記②~心の怪盗団再始動~

ソフィアが正式に仲間になり、ちょうどこのタイミングでBAND機能が解放されます。恐らく、意味は「一団、グループ」等の方でしょうね。

主人公たちのLVとは別に、BANDレベルというのが設定されておりまして、これが上がっていくとポイントをゲット。
そのポイントを好きなスキルに振っていくと言う形。

SPが上がったり、戦闘後に回復するようになったり、色々便利なものが揃っています。
いわゆるパッシブスキルという奴ですね。特にSPが枯渇するので、SP回復系やSPUP系はありがたい。

再びのベルベットルーム、そしてソフィアの通販システム!

さて、そんなこんなで。
街で準備を整えてから渋谷ジェイルへ向かうことになりました。
街をうろうろしていると、見慣れたベルベットルームの扉も発見。
ラヴェンツァの協力のもと、ペルソナ合体諸々が可能になりました。やったぜ!

ただ、目的だった準備(装備品や道具関連)はダメでした。
皆そろって休業だったりで、全員はアジトへ戻ります。
するとソフィアが「通販はどうか?」との提案が。

注文するとすぐ届く素敵システム。すごい!
竜司が冗談で言った「金の延べ棒」もちゃんと届きました。
どういう原理なんだ! いや、どういう業者なんだ!
とりあえず金の延べ棒はクーリングオフしました。支払金額が……えげつないから……!

ところでソフィアの通販機能は動きが可愛いので、延々と見ていたくなります。

いざ、渋谷ジェイルへ!

ソフィアのおかげで準備を整えた怪盗団は渋谷ジェイルへ。
『王城を目指せ』との目標のもと、渋谷ジェイルを探索していきます。

渋谷ジェイル、結構迷うんですよ。薄暗さとネオンの関係かな。コードヴェインの白の聖堂とは真逆ですね。

敵もマップに配置されていますが、無限湧きというわけではない様子。
一度倒したら、マップを切り替えても出てこないみたいですね。

ちなみにペルソナ5と違って、ジェイルの外に出ても日数は経過しません。
HPやSPは外に出れば全回復するので、レベルを上げつつじっくり進められるので有難い。

そんな調子で進んでいくと、王城の前をサーチライトが煌々と照らしていました。
これに触れると敵に見つかってしまう! なのでサーチライトを無効化する方法を探すことになりました。

進めていくと、牢獄塔の上に渋谷ジェイルのコアを発見します。
アリスのブランドのワンピースや雑誌など、アリスにとって大事なものばかり。
それら全部を手に入れたら、いざ王城前へ!

……ですが!やはりアリスに警戒されてしまい、王城へ向かう道を塞がれてしまいました。
その前には大量の敵……!
どうにもならないので、いったん現実の世界へ戻ることに。

通りすがりの正義の味方?

外はすっかり夜。
双葉の提案で惣治郎さんのカレーを食べようというお話に。
一同がルブランへ向かおうと歩き出すと、酔っ払いに絡まれてしまいます。もめそうになった時、そこへ現れたのがあの男!

善吉さん! 善吉さんじゃないか!(※初対面)
通りすがりの正義の味方を名乗って、善吉さんが登場しました。

善吉さんはあっさり酔っ払いを倒してしまうと、自分が『公安』だとバラします。
途中でバレる気づくより、自ら正体を教えてくるキャラは好き。

そんな私の心境はともかく、一同は善吉さんも含めてルブランへ向かいます。
しかし……。

善吉さんへの塩対応

惣治郎(コップを音を立ててテーブルに置いて)「……ごゆっくり」
春「ごめんなさい。私たち、警察が嫌いなんです」

笑いました。もう良い笑顔過ぎて笑いました。

この流れも笑った。何かしら思惑はあるようですが、善吉さんのキャラが面白くて良い。

善吉さんは、怪盗団に取引を持ち掛けてきます。
警察は今起きている『改心事件』に似たこれらが、怪盗団の仕業であると考えている様子。
遅かれ早かれ主人公は逮捕されると告げます。

善吉「俺は事件を解決したい。そのために、お前の持っている情報が欲しい」
主人公「もしやルブランのカレーレシピが……?」
善吉「違うからな」

返事はまた後で良いと帰って行く善吉。
ルブランにカレーを食べにくると言いましたが、惣治郎さんはあんたには品切れだと言っていました。

皆、本当に塩対応だな! でもこう、敵と味方をはっきり言葉や態度に出しているのは面白い。
善吉さんがここで過度に反発しないあたり、良い塩梅です。

さて、それでは今回はここまで! 本当にストーリーが良いなぁ。

次回の記事:ペルソナ5スクランブル・プレイ日記④~アリスの記憶と取り戻した『ネガイ』~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。