新作、投稿しました。

こんにちは、アルパカです。
画像はとくに意味はありませんが、先月うちでとれたミニトマトです。美味しかったです。

さて先日、小説家になろうとノベルアップ+の方で、新しいお話を一つ上げてきました。

『管理機関プロメテウス広報室の事件簿』
小説家になろう → 
ノベルアップ+ → 

というタイトルのお話です。
色々あってこじらせた吸血鬼スメラギの補佐官を務める、こちらも色々あってクール気味な少女シラハのお話。

世界観は近未来。
最初はディストピアをイメージしたのですが、あんまりそんな感じにはならなかったな。

十万字行きたい……! と思って書き始めたのですが、六万字に落ち着きました。
以前にどこかで、長編は力技、というお話を見かけたので、私にはまだ力が足りない。力が……力が欲しい……!

長編を、と思って書き出しても、予定していたストーリー全部消化すとどの話も大体六万字前後になってしまうんですよ。
ダン・サリエルシリーズのように連作短編的な感じで書いた方が自分には向いている気がします。

さて、話は戻りますが、こちらの話。エピローグ含めて二十部になります。
最後まで読んで頂けたら、スメラギの印象がちょっと変わるかもしれません。どうしようもないくらいこじらせています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。