コードヴェインプレイ日記②~わりと皆移動している~

前回の記事:コードヴェインプレイ日記①~オリバー君ロス再び、いざ血涙探しの旅へ~

コードヴェイン、引き続きのんびり遊んでいます。今日は旧市街地の探索が100%になっていなかったので、巨大風穴の方は一時中断してそちらへ……の、前に!

前回、ヤクモの兄貴がソファーに座っていたので、隣で放置したらどうなるんだろう?
と思っていたのを、早速実行してきました。

ヤクモの兄貴と並んで座ってみた

まずは通常。近すぎず、遠すぎず、なかなか良い感じの距離感で座っていますね。

あと戦闘中は見ている余裕がないんですが、ヤクモさん大分鍛えてらっしゃる。すごい。

だんだんうとうとし始めてきたころ。

実は最初、カクン、って頭が沈みそうになっています。一つ一つの演出が細かくて良いなぁ。

そうして眠くなってきた頃。もうこの段階は寝ていると言っても間違いはない感じ。

余談ですがこの寝方を見るの結構好きなんですよ。かわいい。

そしてガチ寝へ……!体験版で、どのソファーでもガチ寝までのポーズは見ていたんですが、誰かが座っても良いようにスペースは空けていた感じなんですね。すごい。

ちなみに角度によってスカートの中身が見えるので、結構注意して撮りました。このゲーム、割と良く見えるんですよ。

わりと皆移動してらっしゃる

一人が座るなら、きっと他にも座るだろう。

そんな風に思って、ちょこちょこ拠点に戻るようにしました。

座ってた!普通に座ってた!ストーリー進行の具合で変化するのかなぁと思ったんですが、そうでもなさそう。

探索から戻って来ると、どこかしら移動していますね。座っていたり、立っていたり、色々。ミアちゃんはまだいないので、座っているのを確認できたのはルイとヤクモの二人。

このバーカウンターっぽい方も普通に座るみたいですね。ココたちも少し位置は変わるのですが、椅子に座るかどうかはまだ確認できていません。気になる。

旧市街を100%に

ひと通り堪能したので再び探索へ。実は私、旧市街の探索率が50パーセントの状態で、気が付いたら巨大風穴という場所に到達していたんですよ。

マップが見づらかったのと、どこから繋がっているのか分からなくて。

ヤクモ「あんまり先走るなよ」

五月「いやはや申し訳ない」

そんな感じで、いったん巨大風穴の探索を中断して、旧市街へ戻ってきました。しばらくぐるぐるしていたらようやく新しい場所へ続く道を発見。進むとルイの血英核ストーリーが進み、さらに奥にはボスもいました。

な、何故!?ってなりました。ストーリー、割と進め方自由なのかしら……。私この時点で、巨大風穴のストーリー少し進めていたんですよ。ストーリーイベントのフラグが謎ですが、そのまま巨大風穴を進めなくて良かった。巨大風穴まで進めた時に「あれ……? 人間の女性はどこへ行った……?」って不思議だったんですが、私の探し方が悪かった。

さて、このルイの血英核ストーリーで、ゲームスタート時に話しかけてくる『クルス』が誰なのか何となく分かりました。なるほどなー。ルイのお姉さんは、最後にちらっとしか出てこないので、まだ良く分からない段階ですね。

ちなみにここのボスは毒を使って来る敵でした。ココのブラッドコードが、毒に対しての耐性を得るものがあったので、なるほどこの為かと納得。巨大風穴でも毒使われるんですけどね。レベルが30くらいまで上がっていたので、割とさくさく倒せました。ありがたい。

あっ、そう言えば。ボスを倒して戻って来たらデイビスからもブラッドコードを貰えました。解放条件が良く分かりませんが、ボス突破がフラグなのかな?

巨大風穴で迷子

旧市街地をクリアしたので、巨大風穴の探索を再開。しかし、ここほんと広いんですよ。周りの景色も似たようなものばかりで、今自分がどこにいるのか分からない。

一応、位置確認用の火柱を上げるギミックはあるんですが、あっても分からない。むしろ血英の光を頼りに進んだ方は、行っていない場所の確認がしやすかった感じがします。

もしかして、こういう時にケミカルライトとか使うのかしら。まだ一度も使った事ないんですよ。

で、まぁ、早速迷子になったんですが。アイテムやココのブラッドコードにヤドリギへ戻るものがあるので、それを利用して休憩しつつ、グルグル回っていると、

ミアちゃん!ミアちゃんじゃないか!一緒にいるのは弟のニコラ君。でもニコラも大分、血の乾きが進んでいて辛そう。見兼ねてルイが二人に血涙を渡しますが、一個では足りないくらい、ニコラの症状は悪いようです。

血涙を探して先へ進む二人。そんな二人を見て、彼女達の後を追う事に決めたルイたち。

ラスボスへ向かうような風格。好きです。五月が装備しているのはゴッドイーターコラボ装備。格好良いですよね。薄暗い場所の探索が割とあるので、光る系の装備が映えて楽しい。

次の記事:コードヴェインプレイ日記③~まだ序盤なのに悲しみが押し寄せてくる~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。