コードヴェインプレイ日記④~ミアちゃんの加入と、赤茶けた道の先で見た二人組~

前回の記事:コードヴェインプレイ日記③~まだ序盤なのに悲しみが押し寄せてくる~

コードヴェインプレイ日記4回目。
廃墟都市から繋がる『干上がった海溝』を進めて行こうと思います。
ネタバレありなので未プレイの方はご注意を。

干上がった海溝

ぱっと見た時の印象は崖。しかし名前は干上がった海溝との事で、どうやら元は海だったようです。
崖の縁から覗いてみると、船の残骸なども発見できました。

ステージの特徴

このステージは巨大風穴とは違い屋外なので明るく、敵も周りの風景と同化した色ではないので分かりやすい。
ただ、廃墟都市と同じで、敵が予想外のところに隠れています。
最初のヤドリギからダッシュで進んでいると、とつぜん横穴から敵が殴りかかって来るなんてことも。

それと今回はマップに上下の繋がりがあります。
ただ道なりに進んでも到着出来ない場所は、崖の下を覗いてみると道があるなんてことも。
その道を発見する事がなかなかできなくて、闇の探究者の血英の欠片を入手するまで時間がかかりました。

渇求の暴君を打破した先に

このマップのボスは渇求の暴君という堕鬼。
廃墟都市の狂い咲く毒蝶や、巨大風穴の浸潤の処刑者などの状態異常が厄介だったボスと比べると、スリップダメージや行動を阻害する状態異常がない分、シンプルに感じました。

シンプルだけと攻撃が痛い

でも一撃のダメージはボスだけに痛いですし、新たに堕鬼を召喚するのが厄介なところ。
最初のチャレンジでは呼び出した敵への対処が間に合わずやられてしまいました。

なのでレベルを上げて再挑戦。マップ埋めもかねて干上がった海溝を歩き回っていたところ38まで上がりました。
片手剣を愛用していますが、ブレードダンスなどの攻撃力を上げて叩けば、敵を召喚する前に打破する事ができました。

ジャックとエヴァの登場

そうして進んでいくと……、

何やら不穏な様子の二人組と、その傍らに倒れた吸血鬼が一人。
ルイやヤクモは男の方(ジャック)を見て「気をつけろ、吸血鬼狩りだ」と言います。
倒れた吸血鬼は二人に狩られたのでしょう。

ジャックは倒れた吸血鬼から謎の物体を取り出しました。
何でしょうこれ、心臓……?これが小さくなると血英に見えなくもないですが……。
よく分からないまま二人は、霧になって消えてしまいました。

血涙の源流は再び廃墟都市へ

良く分からないですが、とりあえず先に進むと、血涙の成る木がありました。
同じようにルイが薬品を垂らすと、血涙の源流へと繋がる地脈は、廃墟都市を示します。

ヤクモさんと同意見ですが、地脈って結構、複雑に入り組んでいるのかしら。とりあえずいったん拠点へと戻ることになりました。

ミアちゃんの加入

ヤドリギから拠点に戻ると、ミアちゃんが見ている夢のシーンになりました。夜空のような場所でミアちゃんに話しかけるニコラ君の声が聞こえます。

ニコラ君の血英の記憶で見たシーンを、ミアちゃん側から聞いているようですね。
例の雪山のシーンまで辿り着いたところで、ミアちゃんの目が覚めます。

主人公たちが出かけている間、ずっとついていてくれたんですね。かわいい。ミアちゃんはベッドを抜け出して、拠点の中をぼんやりと歩き、やがて夢で見た雪山の写真が張られた地図を見つけます。ニコラ君の帽子を両腕に大事に抱いているのが痛々しい……。

さて、それから時間は経ち、ルイたちが戻ってきます。血涙の源流探しについて相談していると、ミアちゃんが「女神像のところに仕掛けがある」と教えてくれました。
助けてくれたお礼がしたいと言ってくれるミアちゃんが良い子でかわいい。

あとミアちゃんはあの雪山に行きたいそうです。道を教えて欲しいと言うミアちゃんに、道は分からないが瘴気の向こうにある。主人公がいれば先へ進める、だから仲間にならないかと言うルイたち。
そして仲間になりました。

全体を通して、お互いに押し付けがましくなく手を差し伸べたり、お礼を言う姿がここの仲間の良いところだなと思いました。
この世界の現実が、苦しさで出来ているからこそ、優しくなれたのかなぁと。

そんな感じで、今日はここまで。次回はその『雪山』を目指していこうと思います。

次の記事:コードヴェインプレイ日記⑤~聖堂で何度落下したか分からない~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。